検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Temporal and spatial responses of temperature, density and rotation to electron cyclotron heating in JT-60U

JT-60Uにおける電子サイクロトロン加熱のイオン系及び電子系の輸送に与える影響

吉田 麻衣子; 井手 俊介; 竹永 秀信; 本多 充; 浦野 創; 小林 貴之; 仲田 資季; 宮戸 直亮; 鎌田 裕

Yoshida, Maiko; Ide, Shunsuke; Takenaga, Hidenobu; Honda, Mitsuru; Urano, Hajime; Kobayashi, Takayuki; Nakata, Motoki; Miyato, Naoaki; Kamada, Yutaka

JT-60装置の閉じ込め改善モード(H-mode)のプラズマと内部障壁(ITB)を有するプラズマにおいて、電子サイクロトロン加熱(ECH)時のイオン系と電子系の応答特性と輸送について調べ、以下のことを明らかにした。ECHにより電子温度は上昇し、イオン温度は減少する。イオン温度の減少するタイムスケールは、H-modeにおいてはECH入射位置で短く、ITBプラズマにおいてはITBの形成位置で短い。ECHのパワーが増加すると、イオンの熱輸送係数と電子の熱輸送係数はともに増加する。電子密度がピークしている場合に、ECHによる電子密度の減少が起こる。トロイダル回転速度は、ECHを入射すると零回転からプラズマ電流とは逆方向に変化する特性を持つ(ECHによる自発回転の存在)。この回転の変化は、イオン温度の減少や電子温度の上昇のタイムスケールより2倍以上長い。ECH入射付近では、トロイダル回転速度の変化と電子温度の変化は相関しているのに対して、トロイダル回転が変化する半径位置は電子温度やイオン温度が変化する位置より広い。

Time and special responses of electron channels and ion channels with central electron cyclotron heating (ECH) have been investigated in JT-60U positive shear H-mode and internal transport barrier (ITB) plasmas. The ion temperature reduces with ECH after the increase in the electron temperature where an increase in the ion heat transport with ECH accompanies an increase in the electron thermal transport. The core electron density decreases with ECH when the density profile is peaked before ECH injection. The counter intrinsic rotation with ECH is identified using H-mode plasmas with small torque input (BAL-NBI). The counter intrinsic rotation is generated after the increase in the electron temperature and correlates with the change in the electron temperature with ECH around the EC deposition. Time scale of the change in the toroidal rotation velocity is about 90-200 ms around the ECH deposition and the time scale is longer compared to those in $$T$$$$_{rm e}$$ and $$T$$$$_{rm i}$$.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:71.64

分野:Physics, Fluids & Plasmas

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.