検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

割れ目ネットワークモデルによる地下水流動及び物質移動解析,3; 割れ目ネットワークモデルの適用に向けた調査の留意点

Solute transport analysis using discrete fracture network model, 3

細谷 真一*; 瀬尾 昭治*; 中嶌 誠門*; 渥美 博行*; 石橋 正祐紀; 森川 佳太; 尾上 博則; 國丸 貴紀

Hosoya, Shinichi*; Seno, Shoji*; Nakajima, Makoto*; Atsumi, Hiroyuki*; Ishibashi, Masayuki; Morikawa, Keita; Onoe, Hironori; Kunimaru, Takanori

岩盤を対象として、割れ目の不均質性を考慮した地下水流動解析や物質移動解析を行う場合には、割れ目を確率論的にモデル化する割れ目ネットワーク(DFN)モデルが利用される。DFNモデルは多孔質連続体モデルと比較すると設定すべきパラメータが多いため、調査データとそのモデル化方法の不確実要因が解析結果に及ぼす影響を適切に見積ることが難しい。本研究では、日本原子力研究開発機構の瑞浪超深地層研究所で得られた調査データに基づいて、上述の不確実要因が地下水流動解析・物質移動解析結果に及ぼす影響を考察した。

Discrete Fracture Network (DFN) model provides the basis of groundwater flow analysis and solute transport analysis for crystalline rock. Due to its complexity, it is difficult to estimate how the input parameters influence the result of the analysis. In this study, using the data obtained in the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) project conducted by Japan Atomic Energy Agency (JAEA), we examined how the modeling methodology influenced the result of groundwater flow analysis and solute transport analysis.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.