検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

The Origin of muddy sand sediments associated with mud volcanism in the Horonobe area of northern Hokkaido, Japan

北海道北部幌延町における泥火山に関連する砂泥質堆積物の起源

宮川 和也  ; 常盤 哲也; 村上 裕晃

Miyakawa, Kazuya; Tokiwa, Tetsuya; Murakami, Hiroaki

地下水やガスの主要な移行経路の把握は地層処分研究開発において重要な課題である。泥火山は、地下水やCH$$_{4}$$やCO$$_{2}$$などの地下から地表への主要な移行経路の一つとして着目されており、その性状や分布域、活動が研究されている(e.g., Kopf, 2002)。本邦陸域における泥火山については、新冠、松代泥火山のわずか2例しかなく、さらなる事例の蓄積が課題である(産業技術総合研究所, 2012)。このためには、地表部に見られる物質の異地性に関する起源の調査解析手法の確立が必要である。北海道幌延町の上幌延地区において、泥火山様泥質堆積物の存在が指摘されており(酒井ほか2010)、これを対象に、事例の蓄積と調査手法の検討を目的として、泥質堆積物の起源の推定を行った。調査手法に関しては既存の泥火山研究による鉱物学的・地球科学的手法に加えて、旧石油公団による5000mの基礎試錐データとの比較を行った。その結果、泥質堆積物の起源は函淵層であり、地下約1.5-2.5kmから噴出した可能性が明らかになった。本論文では、一見泥火山に見えない堆積物の産状が、実際には大規模な物質移動が生じた痕跡であることを明らかにし、本邦陸域における泥火山活動の一例を示した。

The origin of mud from the mud-volcano-like sediments in the Horonobe area of northern Hokkaido, Japan was characterized by analyzing the mineral and chemical compositions of the mud. Mineral and chemical compositions of the mud are similar to those of the Hakobuchi Formation located at approximately 1500-2500 m depth. The results suggest that the mud originates from the Hakobuchi Formation, and also that the mud ascended from a depth of 1500-2500 m to ground surface. This result could be an exemplification of the occurrence of mud volcanism in oil and gas field and tectonic compressional region. This is useful information that should be taken into consideration in the planning and construction of underground facilities for geological disposal of HLW.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:84.23

分野:Geochemistry & Geophysics

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.