検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

瑞浪超深地層研究所における円錐孔底ひずみ法による初期応力測定結果について

In situ stress measurement by CCBO in Mizunami Underground Researh Laboratory

佐藤 稔紀; 丹野 剛男; 真田 祐幸; 横山 幸也*; 下山 昌宏*

Sato, Toshinori; Tanno, Takeo; Sanada, Hiroyuki; Yokoyama, Tatsuya*; Shimoyama, Masahiro*

日本原子力研究開発機構では、高レベル放射性廃棄物の地層処分技術に関する研究開発の一環として、超深地層研究所計画を進めている。本報告では、瑞浪超深地層研究所の深度300mの坑道において実施した円錐孔底ひずみ法による初期応力測定の結果を紹介する。2孔のボーリング孔で測定を実施し、最大主応力の値は、それぞれ18MPaと10MPaとばらつきが大きかったものの、最大主応力の方向は北西-南東方向を示し、これまでの初期応力測定結果や、測地学あるいはプレートの運動方向などから推定される広域的な応力場と整合している。

Japan Atomic Energy Agency is operating underground research laboratory projects in order to establish a firm scientific basis for safe geological disposal of HLW. One of these is the Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) project focused on crystalline rock. In situ stress measurement by Compact Conical-ended Borehole Overcoring (CCBO) are conducted to understand in situ stress state at 300 m depth.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.