検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Assembly structure analysis system

組立構造解析システム

中島 憲宏; 西田 明美; 松原 仁*; 羽間 収*; 鈴木 喜雄; 沢 和弘; 飯垣 和彦

Nakajima, Norihiro; Nishida, Akemi; Matsubara, Hitoshi*; Hazama, Osamu*; Suzuki, Yoshio; Sawa, Kazuhiro; Iigaki, Kazuhiko

原子力発電所のような原子力施設は、一千万点以上の部品から構成される組立構造物である。原子力施設は巨大で複雑な構造をしており、大地震時の施設の応答挙動を分析しておくことは必須である。本論では、原子力施設のような沢山の部品から組立てられる構造物の地震時の応答挙動を評価するための、数値シミュレーション技術について報告する。本シミュレーションは、大型構造物である組立品とその構成部品を全体と局所の両面から解析するものである。また、高性能計算機環境である分散及び/又は並列コンピューティング環境で動作するように実装した。本論では、組立構造解析システムの概要と機能について報告し、数値実験とその結果について報告する。実装したアルゴリズムを検証するため、片持ちモデルでの理論解との比較実験を行い、その結果、数値計算誤差範囲での一致を得た。応用実験として、並列コンピュータに組立構造解析システムを実装し、組立構造物のシミュレーションを、原子力機構の高温工学研究炉のデータを用いて計算し、その結果を示した。

It is not convenient to experimentally analyze its behavior under strong loads of earthquakes, since the facility is extremely huge and complex. The proposed system performs numerical simulations to evaluate the behaviors of an assembly like a nuclear facility. This system projects the components of an assembly onto both/either a distributed and/or a parallel computing environment in order to conduct a simulation of the behavior of an assembly such as a nuclear facility. In a result discussion, a numerical experiment was carried out with a cantilever model and its result was compared with theoretical data. A good corresponding among them was obtained as a structural analysis of an assembly by using a parallel computer. As a conclusion, a suggested methodology has shown to calculate a behavior of an assembly with High Temperature engineering Test Reactor.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.