検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ボイルオフ現象に対するTRAC-BF1コード予測性能評価

Assessment of TRAC-BF1 code predictive capability for boil off phenomena

秋本 肇; 永武 拓 ; 吉田 啓之 ; 高瀬 和之

Akimoto, Hajime; Nagatake, Taku; Yoshida, Hiroyuki; Takase, Kazuyuki

これまで福島第一原子力発電所1号機の炉心露出に至る過程の検討をTRAC-BF1コードを用いて進めてきた。これまでの検討から、ROSA-III自然循環試験と定性的に一致した原子炉圧力容器内の熱水力学的挙動がTRAC-BF1コードにより計算されていることが分かった。計算結果の定量的な妥当性を確認するため、ボイルオフ現象(炉心内に蓄積された冷却水が加熱・沸騰により失われる現象)に対するTRAC-BF1コードの予測性能をNEPTUNE実験データを用いて評価した。TRAC-BF1コードは、ボイルオフ時の炉心内水位の低下を実験結果よりもやや遅めに、被覆管温度上昇を実験結果よりも低めに計算した。このことから、TRAC-BF1コードの(ボイルオフ現象解析で使用されている)低流量条件での界面せん断力モデルの改良と膜沸騰熱伝達率相関式の見直しが必要であることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.