検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

High pressure magnetic measurements on strongly correlated electron systems with a miniature ceramic anvil high pressure cell

小型セラミックアンビルセルを用いて行った高圧下磁化測定による強相関電子系の研究

立岩 尚之  ; 芳賀 芳範 ; 松田 達磨*; Fisk, Z.

Tateiwa, Naoyuki; Haga, Yoshinori; Matsuda, Tatsuma*; Fisk, Z.

高圧下磁化測定を目的としたセラミックアンビルセル(mCAC)の開発を進めてきた。SQUID磁束計と組合せることで、12GPaまでの直流磁化測定が可能となった。本国際会議ではmCACの仕様と、最近の開発結果を紹介する。さらに、希土類化合物YbCu$$_2$$Si$$_2$$の実験結果も紹介する。YbCu$$_2$$Si$$_2$$は常圧では常磁性化合物であるが、8GPa以上で圧力誘起型の強磁性秩序が誘起されることが交流磁化率・比熱測定から示唆された。mCACを用いた測定から、圧力誘起秩序相の強磁性成分の存在を直流磁化測定から確認した。さらに、単結晶試料を用いて磁気異方性について調査し、圧力誘起磁気秩序相が、非常に強い一軸磁気異方性を持つことを明らかにした。

We have designed a miniature ceramic anvil high pressure cell (mCAC) for magnetic measurements at pressures up to 12.6 GPa in a commercial superconducting quantum interference (SQUID) magnetometer. In this conference, we will shows details of the mCAC and our recent modifications in the cell. Also, we will show results of high pressure magnetic measurements on rare earth compound YbCu$$_2$$Si$$_2$$. We find that the pressure-induced phase has strong uniaxial anisotropy.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:80.74

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.