検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Effects of high-pressure annealing on critical current density in 122 type iron pnictide wires

HIP処理による122系鉄系高温超電導線の臨界電流値の向上

Pyon, S.*; 土屋 雄司*; 井上 啓*; 小泉 徳潔; 梶谷 秀樹; 為ヶ井 強*

Pyon, S.*; Tsuchiya, Yuji*; Inoue, Hiroshi*; Koizumi, Norikiyo; Kajitani, Hideki; Tamegai, Tsuyoshi*

鉄系超伝導体は、高い上部臨界磁場と小さい異方性などの超伝導線材応用に関して有利な特性を有する。一方、超伝導粒同志の結合が弱い等の課題もある。そこで、600$$^{circ}$$C、4時間の熱間等方加圧(HIP)法を用いて、結晶粒の結合を改善した。これにより、臨界電流密度を約6倍に増大させることに成功した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:84.41

分野:Physics, Applied

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.