検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

被ばく線量評価のための大気拡散シミュレーション; 福島第一原子力発電所事故初期段階における大気中放射性物質濃度分布の再構築

Atmospheric dispersion simulations for the assessment of radiological dose to the public; Reconstruction of air concentration distribution of radioactive materials during early phase of the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident

永井 晴康

Nagai, Haruyasu

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い、環境中に放出された放射性物質のうち、ヨウ素等の短半減期核種による事故初期段階における内部被ばく線量を評価するために、線量推計に必要となる大気中放射性物質濃度の時空間分布を大気拡散シミュレーションにより再構築した。計算対象核種は、内部被ばく線量への寄与率を考慮して、$$^{131}$$I, $$^{133}$$I, $$^{132}$$Te, $$^{137}$$Csとし、原子力機構の$$^{131}$$Iと$$^{137}$$Csの放出源推定結果をもとに、数少ない環境モニタリングデータと、減衰係数や推定インベントリから放射能比の時間変化を求めることで、$$^{133}$$Iと$$^{132}$$Teの放出率を設定した。この放出源条件を用いたWSPEEDIの拡散シミュレーションによる地上付近の水平方向3km間隔、毎時刻の計算出力から、濃度時空間分布データベースを作成した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.