検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島県の環境中における放射性セシウムの環境動態調査

Investigation of an environmental dynamics of a radiocaesium in the Fukushima environment

新里 忠史; 北村 哲浩

Niizato, Tadafumi; Kitamura, Akihiro

福島県内に残存する事故由来の放射性物質のうち、Cs-137の半減期は約30年と長いことから、今後長期に渡り放射線による健康影響に注視する必要がある。一方で、放射線による人への健康影響を減らすには、環境中における放射性Csの濃度を低下させ、その汚染経路を取り除くか縮小させる必要がある。それには、放射性Csの移動挙動や現在の分布を明らかにするとともに、将来の分布を予測することが必要である。原子力機構福島環境安全センターでは、数年から数十年以上の期間を対象として、実際に生じている移動挙動を現地調査により明らかにし、現在から将来に渡る放射性Csの時空間分布に関する移動予測モデルを構築するとともに、それらに基づいた被ばく評価システムの開発と移動抑制対策の提案を包括した「福島長期環境動態研究」プロジェクトを実施している。本報では同プロジェクトの概要と現状を報告する。

This paper presents an outline of research project of JAEA on the environmental dynamics of radiocaesium released from the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant to the Fukushima environment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.