検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東京電力(株)福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立,1; 全体概要

Study on distribution and migration of radioactive substances around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 1; Outline of the project

斎藤 公明 

Saito, Kimiaki

福島第一原子力発電所事故の後、原子力機構は文部科学省からの委託を受け多くの機関と協力しながら包括的な環境調査プロジェクトを実施してきた。放射性物質分布状況等調査と呼ばれる本プロジェクトでは、これまでに第1次から第3次までの調査を終了した後、2013年4月からは委託元が原子力規制庁に移り、引き続きプロジェクトを継続している。これら一連のプロジェクトにより、福島周辺の放射性物質の分布状況等の経時変化の特徴が明らかになりつつある。また、取得したデータをまとめてデータベースとして公開して多く参照されてきた。さらに、モニタリング技術の高度化と応用も進みつつある。これらの状況についてまとめて紹介する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.