検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

地下水年代評価を目的とした溶存有機物の採取方法についての検討

Collection method of dissolved organic carbon for dating the groundwater

濱 克宏 ; 岩月 輝希 ; 中田 弘太郎*; 兒玉 宏樹*; 長谷川 琢磨*

Hama, Katsuhiro; Iwatsuki, Teruki; Nakata, Kotaro*; Kodama, Hiroki*; Hasegawa, Takuma*

広域の地下水流動を推定するために、地下水の地下での滞留時間(地下水年代)は有用な情報となる。溶存有機物に含まれる放射性炭素(有機$$^{14}$$C)を用いた年代推定では、溶存有機物が岩石と相互作用しにくく地下水流動とともに移動する可能性が高いため、煩雑な地化学反応の補正をすることなく年代を推定することができる。このため、有機$$^{14}$$Cは地下水年代の指標として有用であると考えられる。そこで本研究では、地下水年代評価を目的とした場合の最適な溶存有機物採取方法について明らかにすることを目的とし、種々の方法で取得した溶存有機物の量と放射性同位体比について比較検討した。

Groundwater residence time can be one of the useful tools to understand regional groundwater flow. The trial groundwater dating has been made using radiocarbon ($$^{14}$$C) in the organics that dissolved in groundwater.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.