検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Characteristics and verification of a car-borne survey system for dose rates in air; KURAMA-II

車走行サーベイシステムKURAMA-IIの空間線量率測定に関する特性試験

津田 修一  ; 吉田 忠義 ; 堤 正博; 斎藤 公明 

Tsuda, Shuichi; Yoshida, Tadayoshi; Tsutsumi, Masahiro; Saito, Kimiaki

東京電力福島第一原子力発電所事故後における広域の詳細な空間線量率マップを作成するために、原子力機構は走行サーベイシステムKURAMA-IIを用いた測定を文部科学省の委託を受けて実施した。KURAMAは、一般乗用車に多数搭載して広範囲の空間線量率を詳細かつ短期間に把握することを目的として京都大学原子炉実験所で開発されたシステムである。KURAMAは、エネルギー補償型$$gamma$$線検出器で測定した線量率をGPSの測位データでタグ付けしながら記録する測定器、データを受け取り可視化のための処理や解析を行うサーバ、エンドユーザがデータを閲覧するためのクライアントから構成される。第2世代のKURAMA-IIでは更なる小型化、堅牢性の向上、データ送信の完全自動化等の機能が強化されたことによって、100台の同時測定が可能となり、広域の詳細な線量率マッピングをより短期間で実施することが可能になった。本報告は、文部科学省の委託事業である放射能測定調査に関するシリーズ特集の一つとして、KURAMA-IIの総合的な放射線特性について報告するものである。

The car-borne survey system, KURAMA-II, developed by the Kyoto University Research Reactor Institute has been used for air dose rate mapping after the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant accident. The KURAMA-II consists of a CsI(Tl) scintillation detector, a GPS device, and a control device for data processing. The dose rates monitored by the KURAMA-II are based on the G(E) function (spectrum-dose conversion operator), which can precisely calculate dose rate from the measured pulse-height distribution even if the energy spectrum changes significantly. The characteristics of the KURAMA-II have been investigated with particular consideration to the reliability of the calculated G(E) function, dose rate dependence, statistical fluctuation, angular dependence, and energy dependence. The results indicate that 100 units of KURAMA-II systems have acceptable quality for mass monitoring dose rates in the environment.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:80.02

分野:Environmental Sciences

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.