検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速中性子直接問いかけ法による核物質定量法

Determination method of the amount of nuclear fuel substance in fast neutron direct interogation method

春山 満夫; 大図 章; 高瀬 操; 米田 政夫; 呉田 昌俊

Haruyama, Mitsuo; Ozu, Akira; Takase, Misao; Komeda, Masao; Kureta, Masatoshi

従来のアクティブ中性子直接問いかけ法では、検出する中性子信号の位置感度差が大きく、かつ中性子信号は廃棄物ドラム缶中の内容物の物質の種類,密度等に大きく依存するために、核分裂性核種の総量の定量化には多種多様かつ複雑な分析手法を用いる問題点があった。しかし、原子力機構で開発した高速中性子直接問いかけ法は、これらの問題を克服し廃棄物ドラム缶中の微量な核分裂性核種の総量を位置感度差が小さくかつ精度よく計測できるという特徴を有する。本報では、従来の複雑な分析手法を用いることなく高速中性子直接問いかけ法で核分裂中性子の総カウント数と消滅時間を分析することにより迅速に廃棄物中の核分裂性核種の総量を定量化する手法について報告する。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.