検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

土岐花崗岩中の変質部及び断層部を対象としたナチュラルアナログ研究

Natural analogue study targeting the fault and altered zones of the Toki granite

荒井 祐介*; 本多 照幸*; 岩月 輝希; 野村 雅夫*

Arai, Yusuke*; Honda, Teruyuki*; Iwatsuki, Teruki; Nomura, Masao*

地下深部における放射性核種の長期挙動に関わる基礎的知見を得ることを目的として、化学的性質が類似している希土類元素について、土岐花崗岩中の変質部及び断層部での存在形態の調査を行った。その結果、健岩部と比較して変質部、断層部では軽希土類元素の分布量が増えていることが明らかになった。この理由として、地下水中の軽希土類元素が、変質部,断層部において炭酸塩鉱物や硫化鉱物といった二次鉱物が生成する際に一緒に取り込まれた可能性や粘土鉱物に吸着濃集した可能性が考えられた。このことから、放射性核種が地下水中に溶出した場合も、岩盤中の変質鉱物や二次鉱物による保持、濃集の効果が期待される。

The occurrence of rare earth elements in alteration rock and fault of Toki granite was observed to infer the migration process of minor actinides. The light rare earth elements concentrated in alteration rock and fault compared to fresh rock due to precipitation as a secondary mineral and adsorption onto clay minerals. This suggests the possibility of retardation of minor actinides by alteration minerals.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.