検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立,4; 福島第一原子力発電所から80km圏内の空間線量率分布の予測

Study on distribution and migration of radioactive substances around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 4; Prediction of ambient dose equivalent rates within the 80 km radius around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant

木名瀬 栄; 高橋 知之*; 菅野 光大*; 斎藤 公明

Kinase, Sakae; Takahashi, Tomoyuki*; Kanno, Mitsuhiro*; Saito, Kimiaki

原子力機構は、平成25年度原子力規制庁受託業務の一環として、福島第一原子力発電所から80km圏内を対象に、帰還などに向けた住民の将来設計、適切な除染対策の選択、公衆の現存被ばく線量評価に役立てるため、環境に沈着した放射性セシウムを起因とする空間線量率分布の長期的予測手法を開発している。本報告では、2成分1コンパートメントモデルである放射性セシウム分布状況変化モデルを基盤とする、空間線量率の長期的予測手法の開発状況と福島第一原子力発電所事故後の空間線量率分布予測について述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.