検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

BWR 9$$times$$9燃料集合体に対するOECD/NEA燃焼計算ベンチマーク"Phase-IIIC"の概要とその報告書案

The Outline and a draft report of the OECD/NEA burnup calculation benchmark "Phase-IIIC" for BWR 9$$times$$9 fuel assembly

内田 有里子; 須山 賢也; 鹿島 陽夫; 外池 幸太郎

Uchida, Yuriko; Suyama, Kenya; Kashima, Takao; Tonoike, Kotaro

東京電力福島第一原子力発電所(1F)事故で発生した破損燃料の臨界安全評価では、燃焼燃料の同位体組成を評価する必要があり、燃焼計算コードシステムの精度評価が求められる。BWR燃料集合体の燃焼計算の精度に関し、OECD/NEA/NSC臨界安全性ワーキングパーティー燃焼度クレジット専門家会合においてBWR Step-2燃料集合体に対する国際燃焼計算ベンチマーク"Phase-IIIB"が実施されたが、その終了から既に10年以上経過している。1FではStep-3燃料が多く使用されており、当時から計算コードや核データライブラリが改良されてきていることから、同専門家会合において原子力機構の提案により2012年9月からBWR Step-3燃料に対する燃焼計算ベンチマーク"Phase-IIIC"が実施されている。本発表ではこのベンチマークの取りまとめ状況と解析結果を報告する。

It is necessary to evaluate the isotopic composition of the spent fuels for the criticality safety evaluation of the fuel damaged during the Fukushima Daiichi (1F) accident, which demands to evaluate the uncertainty of the burnup calculation code system. The Expert Group on Burnup Credit Criticality Safety of Working Party of Nuclear Criticality Safety under the NSC of OECD/NEA carried out the burnup calculation benchmark "Phase-IIIB" for BWR STEP-2 fuel, although it has been done more than 10 years ago. Because the latest BWR STEP-3 fuel were adopted in 1F and the calculation code and the nuclear data libraries have been revised, the Expert Group carries out the burnup calculation benchmark "Phase-IIIC" for BWR STEP-3 fuel since September 2012 by the proposal of JAEA. This presentation shows the outline and a draft report of this benchmark.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.