検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Study of neutron-rich hypernuclei by the ($$pi^-,K^+$$) reaction at J-PARC

J-PARCでの($$pi^-,K^+$$)反応を利用した中性子過剰ハイパー核の研究

杉村 仁志; 今井 憲一; 他34名*

Sugimura, Hitoshi; Imai, Kenichi; 34 of others*

中性子過剰ハイパー核の研究はヨーロッパと日本を中心に行われている。その中で、今回J-PARCにおいて中性子過剰ハイパー核の一つである$$^6_Lambda$$Hを生成する実験を試みた。$$^6_Lambda$$Hは中性子4個, 陽子1個, ラムダ粒子1個からなるハイパー核で非常に陽子中性子比が大きいため、中性子過剰な中性子星の研究において大変重要な役割を果たす。そのハイパー核をJ-PARCにおいて生成し、生成断面積の上限値を与えた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:100

分野:Physics, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.