検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Analysis for iodine release from Unit 3 of Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant with consideration of water phase iodine chemistry

水相中のヨウ素化学を考慮した福島第一原子力発電所3号機からのヨウ素の放出に係わる解析

石川 淳 ; 川口 賢司; 丸山 結 

Ishikawa, Jun; Kawaguchi, Kenji; Maruyama, Yu

シビアアクシデント解析コードTHALES2とヨウ素化学計算コードKicheの連携解析手法を福島第一原子力発電所事故3号機に適用し、従来評価では考慮されておらずソースターム評価上の課題となっている気体状ヨウ素(I$$_{2}$$及び有機ヨウ素)の再放出挙動に関わる検討を実施した。本解析からヨウ素化学を考慮しない従来評価では、効果的なプールスクラビングによってサプレッションチャンバー(S/C)外部へのCsIの放出が抑制されるが、ヨウ素化学を考慮した場合、S/Cベント作動に伴って生じる気液二相流によりS/C液相で生成されたI$$_{2}$$及び有機ヨウ素が気相中に移行し、格納容器外への放出が継続することが示された。また、液相のpH及び質量移行係数の影響に関する感度解析により、両者が気体状ヨウ素の放出量に多大な影響を及ぼすことが明らかになった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:54.79

分野:Nuclear Science & Technology

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.