検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

Three-dimensional magnetotelluric imaging of crustal fluids and seismicity around Naruko Volcano, NE Japan

MT法を用いた鳴子火山周辺における地殻流体分布の推定と地震活動

小川 康雄*; 市來 雅啓*; 神田 径*; 三品 正明*; 浅森 浩一

Ogawa, Yasuo*; Ichiki, Masahiro*; Kanda, Wataru*; Mishina, Masaaki*; Asamori, Koichi

将来の地層処分システムに重大な影響を及ぼす可能性がある現象の潜在的なリスクを排除するためには、地表からの調査の段階において、地下深部におけるマグマの存否や分布をあらかじめ確認しておくための調査技術が必要となる。本件では、鳴子火山周辺地域を対象として、これまでに原子力機構及び大学等が観測した地磁気・地電流データを統合解析することによって、地殻内の三次元比抵抗構造を推定した。その結果、鳴子火山に供給するマグマ及びそれに関連する高温流体の存在を示唆する低比抵抗体が認められた。この結果は、地磁気・地電流観測がマグマの存否やその三次元的な分布を確認する方法として有効であることを示唆する。

We have analyzed three-dimensional resistivity structure around Naruko volcano, NE Japan. From the inversion of full tensor components, the following model features are found. Sub-vertical conductors exist at Naruko volcanoes below a depth of few kilometers. The conductor reaches to the surface of Naruko volcano and deepens southward away from the volcano along the backbone ranges. High seismicity in the upper crust is observed above and around the conductors. This implies that the seismicity is fluid-driven and also that the fluid trap is created by the precipitation of quartz due to loss of solubility at shallow depth.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

パーセンタイル:24.75

分野:Geosciences, Multidisciplinary

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.