検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の長期的影響把握手法の確立,13; 福島県の試験水田における$$^{137}$$Csの濃度経時変化とフラックスの観測

Study on distribution and migration of radioactive substances around the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant, 13; Observations of flux and temporal change in concentration of $$^{137}$$Cs in experimental paddy fields in Fukushima Prefecture

吉村 和也; 恩田 裕一*

Yoshimura, Kazuya; Onda, Yuichi*

水田において灌漑水に伴う$$^{137}$$Cs移行フラックスと浮遊砂中の$$^{137}$$Cs濃度の経時変化を観測した。灌漑水中の浮遊土砂の流入出を介した、$$^{137}$$Cs量の年間収支は-1.1$$sim$$0.1%であった。田面水、および流出水に含まれる浮遊土砂中の$$^{137}$$Cs濃度は、事故後初期(一年以内)の速やかな減少から緩やかな減少へと移っていることが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.