検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延URLにおける人工バリアの性能確認試験,7; 大口径掘削機による試験孔の掘削

The In-situ experiment for verification of performance of engineered barrier system in Horonobe Underground Research Laboratory, 7; Development drilling machine for large-diameter disposal pit

丹生屋 純夫*; 下原 正弘*; 城 まゆみ*; 名合 牧人*; 中山 雅; 棚井 憲治; 橋本 祐太; 捻金 礎人

Niunoya, Sumio*; Shimohara, Masahiro*; Jo, Mayumi*; Nago, Makito*; Nakayama, Masashi; Tanai, Kenji; Hashimoto, Yuta; Nejigane, Nobuto

幌延URLの深度350m調査坑道で実施する、人工バリア性能確認試験では、実物大の模擬人工バリアを設置し、坑道の埋め戻しまでを行う計画である。模擬人工バリアを定置する試験孔は、竪置き方式を想定した$$phi$$2.4m深さ4.2mの大口径の孔であり、実際の処分場を想定した場合、掘削には専用のマシンを用いることが効率的である。堆積岩に対応可能な方法として、外堀ケーシング工法と中堀オーガー工法を同一のマシンで施工可能な、専用の掘削機械を開発し、実際に地下環境で使用した。本報では、掘削機の概要と地上での模擬岩盤を用いた掘削試験、および幌延URLでの試験孔の掘削について述べる。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.