検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

東海再処理施設周辺の畑土中$$^{129}$$I濃度測定へのICP-MS法の適用

Application of ICP-MS to determination of $$^{129}$$I in field soil around Tokai Reprocessing Plant

永岡 美佳; 横山 裕也; 藤田 博喜

Nagaoka, Mika; Yokoyama, Hiroya; Fujita, Hiroki

原子力機構では、東海再処理施設周辺における$$^{129}$$Iの蓄積状況を把握するために、畑土中$$^{129}$$I濃度を定期的に測定している。従来、この$$^{129}$$I濃度の測定には、中性子放射化分析と加速器質量分析(AMS)を適用してきた。しかし、これらの測定方法は$$^{129}$$Iの検出感度に優れているが、その測定は施設の運転状況等に依存し、すぐに測定結果を得られない。このため、トリプル四重極誘導結合プラズマ質量分析(ICP-QQQ)装置を用いた畑土中$$^{129}$$I測定法の検討を行った。まず、ICP-QQQの測定条件の最適化を行った。次に、採取した畑土中$$^{129}$$I濃度を測定したところ、AMSで得られた結果と一致した。このことから、ICP-QQQにより、東海再処理施設周辺の畑土中$$^{129}$$I濃度を定量できることが分かった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.