検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ビーム電流増強用ビームラインのインターロックシステム

Interlock system of beam line for beam current upgrade

川根 祐輔*; 三浦 昭彦 ; 宮尾 智章*; 平野 耕一郎 ; 杉村 高志*; 加藤 裕子; 澤邊 祐希; 福田 真平; 大内 伸夫 

Kawane, Yusuke*; Miura, Akihiko; Miyao, Tomoaki*; Hirano, Koichiro; Sugimura, Takashi*; Kato, Yuko; Sawabe, Yuki; Fukuda, Shimpei; Ouchi, Nobuo

J-PARCリニアックでは、ピークビーム電流を50mAへ増強するため、RF駆動イオン源及び50mA用RFQ(RFQIII)の開発を進めており、2014年度夏に換装する予定である。J-PARCリニアック棟に設置したテストスタンドにおいて当該イオン源及びRFQの性能確認試験を実施した。一方、RFQとDTL間のビーム輸送系に関しては、50mA用チョッパ空洞及びスクレーパの開発を進めている。スクレーパ保護のため、スクレーパの温度の上限の監視、照射するビームの粒子数の総量に対するインターロックが必要となる。また、チョッパ空洞の動作監視のため、チョッパ空洞前後のビーム透過率を計測するモニタ及びインターロックを導入する予定である。テストスタンドにおいてスクレーパのビーム照射試験を実施するにあたり、これらのモニタ、インターロックシステムを構築し、動作確認を行った。本発表では、ビーム電流増強用の新しいビームライン用に構築したインターロックシステムについて紹介し、テストスタンドにて使用した結果について報告する。

In the J-PARC Linac, because an upgrading of a beam current up to 50mA using an RF-driven ion source and a new RFQ Linac cavity is in progress, we have developed a new frontend equipments. In order to protect the scraper against 50 mA, we need to observe the temperature and to avoid the excess heat loading of the scraper surface and to count the irradiated beam particles. We also monitor the beam transmission between the upstream and downstream of the chopper cavity to check the chopping errors using the beam current monitors. We fabricated the interlock system for the temperature, irradiated particle numbers and beam transmission. And we tested them in the test stand with actual beam. This paper describes the interlock system and their test results.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.