検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

TIARA準単色高エネルギー中性子場の低エネルギー成分のスペクトル測定

Spectrum measurement for low-energy components of quasi-monoenergetic high-energy neutron field at TIARA

増田 明彦*; 松本 哲郎*; 原野 英樹*; 吉富 寛; 谷村 嘉彦; 志風 義明; 倉島 俊; 清藤 一; 吉澤 道夫

Masuda, Akihiko*; Matsumoto, Tetsuro*; Harano, Hideki*; Yoshitomi, Hiroshi; Tanimura, Yoshihiko; Shikaze, Yoshiaki; Kurashima, Satoshi; Seito, Hajime; Yoshizawa, Michio

原子力機構高崎量子応用研究所・イオン照射研究施設(TIARA)のサイクロトロン加速器を用いて開発中の20MeV以上の高エネルギー中性子標準には、校正における本来の目的である高エネルギー単色ピークに加えて目的外の低エネルギー領域まで続く連続成分が混在している。この混在する連続成分は、校正において大きな不確かさの原因となり得る。そこで、連続成分のスペクトラルフルエンスを把握するため、2種類のシンチレーション検出器を使った中性子飛行時間(TOF)法を高度化するとともに、高エネルギー中性子場でのアンフォールディング法向けに放射化ボナー球スペクトロメーターを開発し特性を評価した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.