検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

SIMSによる環境中ウラン微粒子の同位体組成分析

Isotopic analysis of uranium particles in environmental samples with SIMS

江坂 文孝

Esaka, Fumitaka

二次イオン質量分析(SIMS)法を用いて保障措置環境試料分析のためのパーティクル分析法の開発を行っている。パーティクル分析法では、原子力施設内で拭き取りにより採取された試料(スワイプ試料)中の個々の粒子中に含まれるウランの同位体比を測定するため、核拡散防止の観点から詳細な情報を得ることができる。我々は、フィッショントラック法やアルファトラック法などによりウラン微粒子を検知する技術とSIMSによる同位体組成分析を組み合わせることにより、より効果的な分析技術の開発を行ってきている。本発表では、その内容について紹介する。

We are developing particle analysis techniques using secondary ion mass spectrometry for safeguards swipe samples. Isotope ratios of individual uranium particles in the samples taken at nuclear facilities are measured to unveil undeclared nuclear activities. For this purpose, fission track and alpha track techniques are utilized to identify uranium particles and SIMS is used for isotope ratio analysis.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.