検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

FCA-IX炉心におけるTRU核種の核分裂率比に関するベンチマーク問題の整備

Establishment of benchmark problems for TRU fission rate ratios of FCA-IX assemblies

福島 昌宏; 大泉 昭人; 岩元 大樹; 北村 康則

Fukushima, Masahiro; Oizumi, Akito; Iwamoto, Hiroki; Kitamura, Yasunori

1980年代に高速炉臨界実験装置FCAにおいてTRU核種断面積積分実験の一環として7つのウラン炉心(FCA-IX炉心)が構築され、マイナーアクチノイド(MA)を含む7つのTRU核種($$^{237}$$Np, $$^{238}$$Pu, $$^{239}$$Pu, $$^{242}$$Pu, $$^{241}$$Am, $$^{243}$$Am, $$^{244}$$Cm)に関する核分裂率比が各炉心中心で測定された。FCA-IX炉心では、燃料プレート及び希釈材プレート(グラファイト又はステンレス)の単純な組合せにより燃料領域が構成され、その混合割合の調整により炉心中心の中性子スペクトルが系統的に変化しているのが特徴である。本報告書では、TRU核種の核分裂断面積の積分評価に資するため、同核分裂率比に関するベンチマーク問題を整備した。また、本ベンチマーク問題に対して、汎用評価済核データライブラリJENDL-4.0を用いて実施した解析結果も併せて報告する。

In the IX-th experimental series in 1980's at the fast critical assembly (FCA) facility, central fission rate ratios for TRU such as $$^{237}$$Np, $$^{238}$$Pu, $$^{242}$$Pu, $$^{241}$$Am, $$^{243}$$Am and $$^{244}$$Cm to $$^{239}$$Pu were measured in the seven uranium-fueled assemblies with systematically changed neutron spectra. In the present report, benchmark problems with respect to central fission rate ratios were established for the assessment of the TRU's fission cross sections. We reported the sample calculation results on the benchmark problems by using JENDL-4.0.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.