検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

ソースターム及び液相pHに及ぼすセシウム及びヨウ素化学形の影響

Impact of chemical forms of cesium and iodine on source term and pH of aqueous phase

塩津 弘之 ; 丸山 結 ; 石川 淳 

Shiotsu, Hiroyuki; Maruyama, Yu; Ishikawa, Jun

シビアアクシデント総合解析コードTHALES2を用い、燃料から放出されるセシウム及びヨウ素の化学形がセシウムのソースタームに与える影響を検討した。合わせて、揮発性ヨウ素の生成に多大な影響を及ぼす液相pHの変化を評価した。従来の研究を参考にして、セシウムの化学形としてCsOH, CsBO$$_{2}$$及びCs$$_{2}$$MoO$$_{4}$$、ヨウ素の化学形としてCsI及びHIを考慮した。解析の結果、セシウムの化学形はセシウムのソースタームに大きな影響を及ぼさないことが示唆された。また、化学組成によって、大量のヨウ素が溶解しているサプレッションチャンバーの液相pHが大きく低下し、ヨウ素のソースタームが増大する可能性があることがわかった。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.