検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

外部被ばく個人線量測定用OSL線量計の諸特性

Characteristics of OSL dosimeter as individual monitoring for external radiation

鈴木 朗史; 鈴木 武彦; 高橋 聖; 仲田 亨; 村山 卓; 角田 昌彦

Suzuki, Akifumi; Suzuki, Takehiko; Takahashi, Masa; Nakata, Toru; Murayama, Takashi; Tsunoda, Masahiko

原子力科学研究所並びに保安規定等に基づいて個人線量の測定等を依頼された大洗研究開発センター、那珂核融合研究所、高崎量子応用研究所、関西光科学研究所及び青森研究開発センターでは、放射線業務従事者の外部被ばく線量を測定するための個人線量計として、蛍光ガラス線量計に替えてOSL(Optically Stimulated Luminescence)線量計を導入することとし、2014年10月より運用を開始した。OSL線量計の使用に先がけて、同線量計による測定評価の信頼性を確認するために、個人線量計の線量直線性、エネルギー特性、方向特性、経時変化特性、混合照射に対する特性等についての試験を行った。さらに、蛍光ガラス線量計との比較を行った。その結果、国内規格(JIS Z 4339)に定める性能を満たしていること、蛍光ガラス線量計と同等の性能を持つことを確認した。これにより、OSL線量計は実用上十分な性能を有していることが確認された。本報は、この試験で得られたOSL線量計の諸特性をまとめたものである。

Optically Stimulated Luminescence, OSL, dosimeters have been used as individual dosimeters for external radiation in Nuclear Science Research Institute and so on since October, 2014 as successor of the RPL glass dosimeters. Characteristics of the OSL dosimeters such as dose linearity, energy response, angular dependence, fading characteristics and responses at mixed irradiation fields were examined prior to the start of use. As a result, it was found that the OSL dosimeters met the performances that the national standard (JIS Z 4339) determined. The characteristics of OSL dosimeters were comparable with those of the RPL glass dosimeters. In conclusion, it was confirmed the OSL dosimeters had sufficient performances for the practical use on individual monitoring. This report shows the testing methods and the results for the characteristics of OSL dosimeters.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.