検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

超深地層研究所計画(岩盤の水理に関する調査研究); 第2段階におけるサイトスケールの水理地質構造モデルの構築

Study of hydrogeology in the Mizunami Underground Research Laboratory Project; Hydrogeological modeling at site scale in Phase II

尾上 博則 ; 小坂 寛*; 竹内 竜史 ; 三枝 博光

Onoe, Hironori; Kosaka, Hiroshi*; Takeuchi, Ryuji; Saegusa, Hiromitsu

日本原子力研究開発機構では、地層処分研究開発の基盤となる深地層の科学的研究の一環として、岐阜県瑞浪市において結晶質岩を対象とした超深地層研究所計画(以下、MIU計画)を進めている。MIU計画では、研究坑道の建設工程やこれに伴う調査研究の課題、対象、空間スケールなどの違いを考慮し、第1段階(地表からの調査予測研究段階)、第2段階(研究坑道の掘削を伴う研究段階)、第3段階(研究坑道を利用した研究段階)の3つの段階に区分して研究を進めている。本研究では、サイトスケール(研究所用地を中心とした2km四方の領域)の水理地質構造モデルの構築・更新に係る方法論の整備を目的として、第1段階および第2段階で取得されたデータを用いた地下水流動解析を実施し、水理地質構造モデルのキャリブレーションを実施した。その結果、研究坑道掘削前の地下水圧分布ならびに研究坑道掘削に伴う湧水量や地下水圧分布の変化を総合的に精度よく再現できる第2段階のサイトスケールの水理地質構造モデルを構築することができた。

Mizunami Underground Research Laboratory (MIU) Project is being carried out by Japan Atomic Energy Agency (JAEA) in the Cretaceous Toki granite in the Tono area, central Japan. The MIU Project has three overlapping phases: Surface-based Investigation (Phase I), Construction (Phase II) and Operation (Phase III). In this study, calibration of hydrogeological model and groundwater flow simulation using the data obtained by the Phase I and Phase II were carried out in order to develop the methodology for construction and update of hydrogeological model on Site Scale. As a result, hydrogeological model on Site Scale, which is able to simulate comprehensively the obtained data regarding groundwater pressure distribution before excavation of the MIU facilities, hydraulic responses and inflow volume during excavation of the MIU facilities, was constructed.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.