検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

陽極酸化皮膜を用いたガスケット絶縁技術の開発

Development of technique for electrical insulation of metallic gasket using anodic oxide coating

長壁 豊隆 ; 加藤 義博*; 本元 悟*; 桑原 慶太郎*

Osakabe, Toyotaka; Kato, Yoshihiro*; Honmoto, Satoru*; Kuwahara, Keitaro*

強相関電子系物質の圧力誘起相臨界領域で発現する新奇物性を、同一の高圧試料環境下において構造-磁性-伝導の相関の視点から研究するため、中性子回折用ハイブリッド式対向アンビル(HA)を用いて電気抵抗との同時測定を実現するための技術開発を行っており、現在、これに不可欠なガスケットの絶縁技術開発を中心に行っている。HAでは、中性子透過率を重視してアルミ合金(JIS A2017P)ガスケットを使用している。我々はこれに着目し、ガスケット表面に特殊な陽極酸化皮膜(ミタニライトト)を形成し、これを絶縁層として利用する方法を考案した。室温下でミタニライト皮膜付きガ スケットの加圧試験を行った結果、測定用リー ド線の断線やショートを起こさずに約6GPaの圧力発生に成功した。

In this article, we describe an unique technique for electrical insulation of metallic gasket to perform simultaneous measurements of electrical resistivity and neutron diffraction under high pressure. The anodic oxide coating was adopted as the insulation layer of the aluminum (JIS A2017) gasket used in the hybrid-anvil device for neutron diffraction. In the feasibility tests of the coated gaskets, maximum pressure of about 6 GPa was generated without electrical breakdown of the coating or disconnection of Au leads.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.