検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

花崗岩の酸化還元緩衝能力は大規模地下施設の建設・操業に耐えられるか?

Redox resilience of granitic rock for a large scale underground facility construction and operation

岩月 輝希; 林田 一貴; 加藤 利弘; 宗本 隆志; 久保田 満

Iwatsuki, Teruki; Hayashida, Kazuki; Kato, Toshihiro; Munemoto, Takashi; Kubota, Mitsuru

瑞浪超深地層研究所において、研究坑道の直近から約100mまでの範囲の地下水を対象として酸化還元状態の経時変化を観測し、地下施設建設時の酸化還元状態の変化について考察した。その結果、坑道の直近では坑道掘削後、約2年間の間に酸化還元電位が約-200mVから約-100mVに変化し、坑道の周囲が徐々に酸化的環境に変化しつつあることが確認された。一方で酸化還元電位の変化が小さい領域もあり、研究坑道に連結する割れ目の有無など地質構造の条件に応じて酸化的影響の程度が異なると考えられた。また、研究坑道から約100mまでの範囲の岩盤においては、花崗岩を覆う堆積岩直下(深度200m)の観測点の酸化還元電位は変化に乏しいものの、深度300から400mの酸化還元電位は約-200mVから-100数十mVへの上昇が認められた。

Redox change around drift and MIU facility were observed to estimate redox resilience of granitic rock for facility construction and operation. Redox potential in the vicinity of research gallery and MIU facility heterogeneously changed from -200 to -100 mV in two years according to geological structure.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.