検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

核不拡散用アクティブ中性子非破壊測定技術の開発,1; 開発計画

Active neutron NDA techniques for nuclear non-proliferation applications, 1; Development plan

呉田 昌俊; 小泉 光生; 大図 章; 土屋 晴文; 古高 和禎; 瀬谷 道夫

Kureta, Masatoshi; Koizumi, Mitsuo; Ozu, Akira; Tsuchiya, Harufumi; Furutaka, Kazuyoshi; Seya, Michio

原子力機構は、欧州委員会共同研究センター(EC-JRC)との国際共同研究による核不拡散分野用途の「アクティブ中性子非破壊測定技術開発」に着手した。本研究課題の最終目標は、MA核変換用MA-Pu燃料など高線量核燃料の非破壊測定装置への適用を目指した核物質測定技術を確立することである。高線量核燃料の非破壊測定については、Pu-240等が放出する中性子に着目した同時計数法など従来のパッシブ測定技術の適用が困難となることが予想されている。しかし、これまで系統的に研究は成されておらず、計測技術が確立していない課題があった。本研究課題では、アクティブ中性子法であるDDA法, NRTA法, PGA/NRCA法, DGS法による核物質測定技術の研究開発を行う。本報では、開発計画と統合試験装置(Active-N)の設計研究について報告する。

The new program "Development of active neutron NDA techniques" has started for non-proliferation applications collaborating with EC-JRC. The final purpose of this program is to establish the measurement techniques for the high radioactive special nuclear material such as MA-Pu fuel for transmutation of minor actinide. In this program, the JAEA will conduct the R&D on active neutron non-destructive measurement techniques, DDA, NRTA, PGA/NRCA and DGS. The development plan and current status of the design study of the active neutron integrated test apparatus named "Active-N" are presented in this report.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.