検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

IFMIF/EVEDA用大電流加速器の進捗

Progress of the high current Prototype Accelerator for IFMIF/EVEDA

奥村 義和; Ayala, J.-M.*; Bolzon, B.*; Cara, P.*; Chauvin, N.*; Chel, S.*; Gex, D.*; Gobin, R.*; Harrault, F.*; Heidinger, R.*; 一宮 亮; 伊原 彰; 池田 幸治; 春日井 敦; 菊地 孝行; 北野 敏彦; Knaster, J.*; 小又 将夫; 近藤 恵太郎; 前原 直; Marqueta, A.*; 大平 茂; Perez, M.*; Phillips, G.*; Pruneri, G.*; 坂本 慶司; Scantamburlo, F.*; Sen$'e$e, F.*; 神藤 勝啓; 杉本 昌義; 高橋 博樹; 宇佐美 潤紀; Valette, M.*

Okumura, Yoshikazu; Ayala, J.-M.*; Bolzon, B.*; Cara, P.*; Chauvin, N.*; Chel, S.*; Gex, D.*; Gobin, R.*; Harrault, F.*; Heidinger, R.*; Ichimiya, Ryo; Ihara, Akira; Ikeda, Yukiharu; Kasugai, Atsushi; Kikuchi, Takayuki; Kitano, Toshihiko; Knaster, J.*; Komata, Masao; Kondo, Keitaro; Maebara, Sunao; Marqueta, A.*; Ohira, Shigeru; Perez, M.*; Phillips, G.*; Pruneri, G.*; Sakamoto, Keishi; Scantamburlo, F.*; Sen$'e$e, F.*; Shinto, Katsuhiro; Sugimoto, Masayoshi; Takahashi, Hiroki; Usami, Hiroki; Valette, M.*

日欧協力のもと、国際核融合中性子照射施設(IFMIF)の工学設計工学実証活動(EVEDA)が2007年から開始されている。IFMIFにおける最大の開発課題は、40MeV/250mA/CWの重水素イオンビームを発生できる大電流加速器であり、現在、その原型加速器(9MeV/125mA/CW)の試験を六ヶ所村の国際核融合研究センターにおいて段階的に実施している。試験は日欧の事業チームメンバーと、入射器を担当したフランスサクレー研究所などの欧州ホームチーム,日本ホームチームのメンバーから構成される原型加速器統合チームが担当している。入射器については、2014年から試験を開始し、現在までに100keV/120mA/CWの水素イオンビームを0.3$$pi$$mm.mrad以下のエミッタンスで生成することに成功している。2015年には、高周波四重極加速器(RFQ)用高周波電源の搬入据付が開始され、入射器の試験の終了とともにRFQ本体の据付も開始される予定である。本稿では、入射器の実証試験の結果とともに、RFQ,超伝導リニアック,高周波電源,ビームダンプ等の現状について報告する。

Under the framework of Broader Approach (BA) agreement between Japan and Euratom, IFMIF/EVEDA project was launched in 2007 to validate the key technologies to realize IFMIF. The most crucial technology to realize IFMIF is two set of linear accelerator each producing 125mA/CW deuterium ion beams up to 40MeV. The prototype accelerator, whose target is 125mA/CW deuterium ion beam acceleration up to 9MeV, is being developed in International Fusion Research Energy Center (IFERC) in Rokkasho, Japan. The injector developed in CEA Saclay was delivered in Rokkasho in 2014, and is under commissioning. Up to now, 100keV/120mA/CW hydrogen ion beams and 100keV/90mA/CW duty deuterium ion beams are successfully produced with a low beam emittance of 0.21 $$pi$$.mm.mrad (rms, normalized). Delivery of RFQ components will start in 2015, followed by the installation of RF power supplies in 2015.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.