検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

模擬ALPSスラリー固化体を対象とした電子線照射時における水素ガスの評価

Evaluation of hydrogen gas generation from inorganic solidified samples containing simulated ALPS slurries by electron beam irradiation

佐藤 淳也 ; 鈴木 眞司; 中川 明憲 ; 加藤 潤 ; 榊原 哲朗; 目黒 義弘 ; 中澤 修 

Sato, Junya; Suzuki, Shinji; Nakagawa, Akinori; Kato, Jun; Sakakibara, Tetsuro; Meguro, Yoshihiro; Nakazawa, Osamu

福島第一原子力発電所における汚染水処理に伴い、多核種除去設備(以下、ALPS)から発生する凝集沈殿スラリーは$$beta$$線放出核種を含む多量の放射性核種を含有しており、処分のため作製する固化体への放射線影響が懸念されている。したがって、処分時の安全性の観点から、固化体中の水の放射線分解による水素ガスの発生を評価しておくことが重要である。本件では、凝集沈殿スラリー(鉄共沈スラリー及び炭酸塩スラリー)の模擬物を対象に、無機固型化材(普通ポルトランドセメント(OPC), 高炉スラグセメント(BB)及びジオポリマー(GP))を用いて固化試料を作製し、$$beta$$線を模擬した電子線照射を行い、水素ガスの発生量を調査した。結果、鉄共沈スラリー固化試料では炭酸塩スラリー固化試料と比較して水素の発生量が少なく、廃棄物に含まれる構成成分が電子線照射時の水素ガス発生量に影響を与えていることが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.