検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

使用済み燃料プールの事故時の安全性向上に関する研究,3; 崩壊熱特性と事故時の被覆管温度評価

Study on improvement of safety for accident conditions in spent fuel pool, 3; Evaluation of decay heat and cladding temperature during accident

小林 謙祐*; 後藤 大輔*; 東條 匡志*; 池原 正*; 加治 芳行; 根本 義之

Kobayashi, Kensuke*; Goto, Daisuke*; Tojo, Masayuki*; Ikehara, Tadashi*; Kaji, Yoshiyuki; Nemoto, Yoshiyuki

使用済燃料プール重大事故想定時の温度を評価して潜在リスクを監視することを検討している。ここでは、BWR炉心の詳細燃焼解析により燃料崩壊熱を評価し、さらにそれらの燃料が使用済燃料ラック内で露出した場合の被覆管温度を、ラック構造、水位、照射後時間などをパラメータとして評価した結果について報告する。

We evaluate fuel temperature based on the steady state heat transfer analysis with considering accurate fuel history and storage conditions.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.