検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

幌延深地層研究センターにおける原位置岩盤の強度・変形物性の検討

An Investigation on mechanical properties of in-situ rock mass at the Horonobe Underground Research Laboratory

丹生屋 純夫*; 青柳 和平  ; 藤田 朝雄 ; 白瀬 光泰*

Niunoya, Sumio*; Aoyagi, Kazuhei; Fujita, Tomo; Shirase, Mitsuyasu*

幌延深地層研究センターでは、き裂密度を考慮した岩級区分に基づいた岩盤の強度・変形物性を設定し、これらを地下施設の支保設計や坑道の安定性の評価に採用している。本報告では、調査坑道内で実施した平板載荷試験、ロックせん断試験、室内力学試験結果から、設計時に設定した坑道規模の岩盤における強度・変形物性を評価した。ロックせん断試験により得られた粘着力は、設計時に設定した値と、三軸圧縮試験により得られた残留強度の応力状態から得た値よりも小さく、内部摩擦角は逆に大きい結果となった。また、設計時および室内力学試験の残留応力状態から設定した破壊規準との比較により、ロックせん断試験に基づく破壊規準は施工時において最も保守的な値を与えることが示された。

In the Horonobe Underground Research Laboratory, rock mass classification and determination of mechanical properties of rock mass was conducted considering the effect of the density of fractures in the rock mass. In this paper, the authors report the mechanical properties of rock mass detected by plate loading tests and in situ shear tests in the 250 m and 350 m galleries. As a result, the failure criteria based on the result of in situ shear tests provides the most conservative value for the design of support pattern and assessment of stability of the gallery.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.