検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

中性子を用いた工学材料の内部応力及び金属組織の研究

Studies of internal stresses and metallurgical structure of engineering material using neutron diffraction

Harjo, S.; 相澤 一也; 川崎 卓郎

Harjo, S.; Aizawa, Kazuya; Kawasaki, Takuro

中性子はその大きな透過能力のため結晶材料内部の応力・ひずみ、その他微小組織情報を測定するのに 回折法でよく用いられる。機械部品等内の残留ひずみ分布測定のために典型的に用いられているが、最近J-PARCにて建設された高強度高分解能の匠を用いれば、蓄電池材料等の複合材料の様々な条件下でのその場測定が可能になってきた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.