検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

放射性炭素($$^{14}$$C)濃度に基づく深部地下水の流動状態の推定

Estimation of hydraulic conditions of groundwater using carbon isotope

加藤 利弘; 岩月 輝希 ; 中田 弘太郎*; 長谷川 琢磨*

Kato, Toshihiro; Iwatsuki, Teruki; Nakata, Kotaro*; Hasegawa, Takuma*

地下水流動は地下圏における物質循環を考察する上で欠くことのできない情報の一つであり、水理学的な数値解析や化学的指標に基づく滞留時間の推定などの評価手法を併用することにより確度の高い評価が可能となる。日本原子力開発研究機構の瑞浪超深地層研究所においては、これまでに深度500mまでの研究坑道の掘削を通して、地下水流動や地下水の化学特性を把握するとともに大規模地下施設が周辺の地下水に与える影響の評価を行ってきた。本研究では、新たに地下水中の$$^{14}$$C濃度に関わるデータを取得し、その深度分布や水理地質構造などとの関連を基に地下水の滞留状態について考察した。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.