検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

103番元素で見つけた周期表のほころび; ローレンシウムのイオン化エネルギー測定に成功

Discrepancy in the periodic table appears at element 103; Successful measurement of the first ionization potential of lawrencium, element 103

佐藤 哲也  ; 永目 諭一郎; 塚田 和明 

Sato, Tetsuya; Nagame, Yuichiro; Tsukada, Kazuaki

103番元素ローレンシウムの第一イオン化エネルギー測定の結果、我々はローレンシウムがアクチノイド最後の元素であることを初めて実験的に証明した。その一方、得られた実験結果から推測される電子配置からは、ローレンシウムは13族に類似した最外殻電子軌道をもつことが示唆された。本研究により、ローレンシウムとルテチウムの周期表における位置に関する議論が再燃した。一連の研究成果とその後の議論について、解説する。

We successfully confirmed that lawrencium (Lr, element 103) is the last member of actinide series by a measurement of its first ionization potential. Obtained experimental result suggested that the outermost electronic orbital of Lr atom would have p-orbital similar to elements of group-13. Our result triggered again the discussion of the position of Lr and lutetium, the lanthanide homologue of Lr, on the Periodic Table.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.