検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

軽水炉過酷事故環境下における計測線用金属シース材の腐食評価

Corrosion estimation of sheath materials using signal cables under light water reactor severe accident environment

中野 寛子; 柴田 裕司; 武内 伴照; 松井 義典; 土谷 邦彦

Nakano, Hiroko; Shibata, Hiroshi; Takeuchi, Tomoaki; Matsui, Yoshinori; Tsuchiya, Kunihiko

軽水炉における過酷事故環境下でも炉内の計測データを伝送可能な金属被覆無機絶縁ケーブル(MIケーブル)を開発している。本研究では、過酷事故時の環境を模擬したMIケーブル用シース材の耐食性を調べるため、選定したオーステナイト系ステンレス鋼SUS316及びニッケル基合金NCF600について、過酷事故環境を模擬した大気雰囲気(O$$_{2}$$雰囲気)、大気と水蒸気雰囲気(O$$_{2}$$/H$$_{2}$$O雰囲気)もしくは大気とヨウ素雰囲気(O$$_{2}$$/I$$_{2}$$雰囲気)中における耐食性を調べ、さらにMIケーブルのシース材厚さから破損予測時間を評価した。その結果、1000$$^{circ}$$C$$times$$2hの条件では、NCF600よりSUS316の方が腐食速度は大きいこと、また、H$$_{2}$$Oの添加により腐食が促進されることがわかった。さらに、1000$$^{circ}$$CにおけるO$$_{2}$$/H$$_{2}$$O雰囲気についてMIケーブルのシース材厚さが0.32mmのとき、SUS316は37時間、NCF600は170時間で破損することが予測できた。一方、O$$_{2}$$/I$$_{2}$$雰囲気では、NCF600よりもSUS316の方が腐食速度が大きく、ヨウ素の影響によって腐食が促進されることを確認した。これにより、過酷事故を想定した環境では、SUS316は1000$$^{circ}$$C以上で3日間の計測は困難であり、NCF600がシース材として良好であることが示唆された。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.