検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

複雑な実環境をシミュレートしたデータ取得にもとづく腐食要因の解明; 海洋環境と原子力施設を例として

Estimation of corrosion mechanism from the data obtained by the reproduced experiment considering the actual environment; e.g. maritime structures and nuclear facilities

山本 正弘

Yamamoto, Masahiro

材料と環境2016の「岡本剛記念講演」として講演する。腐食事象に対し、実環境での腐食を実験室的に再現する独特の試験方法を考案し、得られたデータの解析結果を基に実際の腐食現象を支配する要因を解明することに注力してきた結果について説明する。具体的には、海洋環境と放射性物質を含む原子力施設の腐食現象に関してこれまでに実践してきた内容を示す。

I will make a presentation for "Go Okamoto Memorial Lecture" at coming Zairyo to Kankyo 2016 Symposium. I will introduce the data analysis method using reproducing experiment for an actual environment. The examples will be shown in case of maritime structure and nuclear engineering plant.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.