検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

長期的な地形変化と気候変動による地下水流動状態の変動性評価手法の構築

Development of evaluation method for variability of groundwater flow conditions associated with long-term topographic change and climate perturbations

尾上 博則; 小坂 寛*; 松岡 稔幸; 小松 哲也; 竹内 竜史; 岩月 輝希; 安江 健一

Onoe, Hironori; Kosaka, Hiroshi*; Matsuoka, Toshiyuki; Komatsu, Tetsuya; Takeuchi, Ryuji; Iwatsuki, Teruki; Yasue, Kenichi

高レベル放射性廃棄物の地層処分の安全評価は、処分施設閉鎖後、数万年以上に及ぶ時間スケールを対象として実施される。そのため、長期的な自然現象による影響を考慮した地下水の流速や移行時間といった地下水流動状態の長期変動性の評価技術の整備は重要な技術開発課題である。本研究では、長期的な自然現象のうち隆起・侵食による地形変化や気候変動に着目し、それらに対する地下水流動状態の変動性を、複数の定常解析結果に基づく変動係数で評価可能な手法を構築した。岐阜県東濃地域を事例とした評価手法の適用性検討の結果、過去100万年間の地形変化や涵養量の変化による影響を受けにくい地下水の滞留域を三次元的な空間分布として推定した。本評価手法を適用することで、地層処分事業の評価対象領域において、地形変化や気候変動に対する地下水流動状態の変動性が小さい領域を定量的かつ空間的に明示することができる。さらに、岐阜県東濃地域における事例検討結果を踏まえて、外挿法を用いた地下水流動状態の変動性の将来予測の基本的な考え方を整理するとともに、将来予測手法の適用可能な時間スケールについて考察した。

In this study, it is focused on topographic changes due to uplift and denudation, also climate perturbations, a method which is able to assess the long-term variability of groundwater flow conditions using the coefficient variation based on some steady-state groundwater flow simulation results was developed. Spatial distribution of long residence time area which is not much influenced due to long-term topographic change and recharge rate change during the past one million years was able to estimate through the case study of the Tono area, Central Japan. By applying this evaluation method, it is possible to identify the local area that has low variability of groundwater flow conditions due to topographic changes and climate perturbations from the regional area quantitatively and spatially.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.