検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

最新放射線化学(応用編),18; 固体と水との界面での放射線化学

Modern radiation chemistry (Applications), 18; Radiation chemistry at solid/water interfaces

熊谷 友多

Kumagai, Yuta

固体と水との混合物に対する放射線効果は、シリカ等の無機酸化物を対象に研究が進められてきた。界面でのエネルギー/電荷移動が多くの実験で確認され、初期過程において有意な影響を持つことが示された。しかし、後続の界面反応は課題として残されている。ここではゼオライト,ウラン酸化物を例に挙げるが、この課題は基礎と応用との隔たりとなっている。ゼオライトと水との混合物では、一般に含水量に比べて高い水素発生量が観測される。エネルギー/電荷移動の概念は、このゼオライトによる水素発生量に対する影響に解釈を与えるに留まっており、定量的な説明はなされていない。ウラン酸化物と水との界面での放射線誘起反応は水との接触下での核燃料の腐食を引き起こす。しかし、水の放射線分解生成物による反応は、過酸化水素と酸素を除いて分かっていない。短寿命活性種の反応に対する理解は、粒界腐食への放射線の影響を知るうえで必要となるだろう。固液界面での放射線化学が有意義な知見として結実するには、エネルギー/電荷移動に後続する反応過程の理解が重要であり、基礎と応用との隔たりを克服するためさらなる研究が必要である。

Radiation effects on the mixtures of inorganic oxides and water have been investigated for understanding radiation chemistry in solid-liquid systems. A number of studies revealed that energy deposition on solid phase stimulates reactions at the interface. This energy/charge transfer has been demonstrated by experiments to affect early stage of the radiation-induced reaction. However, the interfacial reactions subsequent to the energy/charge transfer require further studies. Here, we will see gaps between the basic understanding on the early stage and radiation effects in solid-liquid systems connected to applications, taking zeolite/water and uranium oxide/water interfaces for examples. Understanding of the interfacial reactions subsequent to the energy/charge transfer would bridge the gaps and enable to predict the radiation effects in applications.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.