検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

福島における放射性物質の分布状況調査と関連研究,7; 光子エネルギースペクトル解析に基づく人工/天然核種の線量評価

Mapping project in Fukushima and related researches, 7; Dose estimation of artificial / natural radioisotopes by an analysis of photon energy spectrum

津田 修一  ; 谷垣 実*; 斎藤 公明 

Tsuda, Shuichi; Tanigaki, Minoru*; Saito, Kimiaki

東京電力福島第一発電所事故後、環境中に沈着した放射性物質の分布状況調査や空間線量率モニタリングにおいて、京都大学が開発したGPS連動型放射線自動計測システムKURAMA及びその改良版のKURAMA-IIが車走行サーベイで利用されている。このうちKURAMA-IIは、内蔵されたCsI(Tl)シンチレーション検出器で取得する波高スペクトルデータに基づいて空間線量率を精度よく算出する機能を有する。本研究では、環境中の放射性核種ごとの線量評価を精度よく行うため、波高スペクトル測定データと、環境を模擬したシミュレーション計算で決定したCsI(Tl)シンチレーション検出器の応答関数データセットを用いて、アンフォールディング法による光子エネルギースペクトル評価を実施した。この手法に基づき、福島県内で測定した波高スペクトルデータから推定した人工および天然核種の線量寄与の評価結果について、シリーズ発表「福島における放射性物質の分布状況調査と関連研究」の中で報告する。

A GPS-aided radiation monitoring system KURAMA and the KURAMA-II developed by Kyoto University has been utilized after the Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident in a mapping project of radionuclides deposited in the environment and monitoring of dose rates in air. KURAMA-II has a function of precisely evaluating dose rates in air based on measured pulse-height spectra from the incorporated CsI(Tl) scintillation detector. In this study, to evaluate dose contribution of the radionuclides in the environment, photon energy spectra was estimated by an unfolding method, using the measured pulse-height spectra and the dataset of the calculated response functions of the CsI(Tl) scintillation detector in a simulative environment. The results of dose contributions of artificial and natural radionuclides based on the estimation method will be reported in the session, "Mapping project in Fukushima and related researches".

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.