検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~  年

フレキシブルコンテナに収納した汚染土壌等の単位濃度あたりの1cm線量当量率の算出

Calculation of the dose equivalent rate based on the unit concentration of contaminated soil in a flexible container

菅谷 敏克; 阿部 大智; 武部 愼一; 中谷 隆良; 坂井 章浩

Sugaya, Toshikatsu; Abe, Daichi; Takebe, Shinichi; Nakatani, Takayoshi; Sakai, Akihiro

東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による汚染について、生活環境等の除染作業が行われてきた。除染に伴って発生した土壌や草木(汚染土壌等)は各自治体でフレキシブルコンテナバック(通称フレコン)に収納して保管されている状況である。これら大量に発生した汚染土壌等の処理・処分や再利用・再生利用等を効率的に進めるために、フレコンの表面で測定した線量から内容物の放射能濃度を推定するための単位放射能濃度あたりの1cm線量当量率について「点減衰核積分計算コード」QAD-CGGP2Rを用いて算出した。本報で示した結果は、大量に発生した除染土壌等について、表面の線量が判っている場合には放射能濃度を合理的に求めることができるものと考える。

Decontamination to the pollution which occurred with an accident of a nuclear power plant with Tohoku-district Pacific offing earthquake has been performed. The contaminated soil which occurred in decontamination stores it in the flexible container back, and is the kept situation. To presume concentration of radioactivity of contents from the dose of the flexible container, the 1cm dose equivalent rate per the unit concentration of radioactivity was calculated with QAD-CGGP2R.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.