検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

FPを含むプルトニウム溶液モニタリング技術開発; コンクリートセル内における$$gamma$$線スペクトル測定のための最適化設計

Feasibility study of Pu monitoring technology for Pu solution with FP; Optimization of $$gamma$$ rays measurement at the inside of the concrete cell

鈴木 敏; 関根 恵; 松木 拓也; 山中 淳至; 中村 仁宣; 富川 裕文

Suzuki, Satoshi; Sekine, Megumi; Matsuki, Takuya; Yamanaka, Atsushi; Nakamura, Hironobu; Tomikawa, Hirofumi

原子力機構は、保障措置の効果的・効率性の観点から、再処理施設に保管されている核分裂生成物(FP)を含むプルトニウム(Pu)溶液を非破壊で継続的に測定・監視するための新しい技術開発を東海再処理施設において平成27年度より実施している。今年度は、コンクリートセル内において高放射性溶液タンクから発生する$$gamma$$線及び中性子線を測定しPu量との関連性を検討する予定である。本ポスター発表では、東海再処理施設の高放射性廃液貯槽の放射線特性評価として、人が立ち入ることのできないコンクリートセル内における高線量$$gamma$$線スペクトルを計測するための検出器の選定及び計測回路の窒息現象を回避するための遮蔽等による測定手法の最適化、また約1.7mコンクリート壁と通してセル内へ挿入する治具(スラスタ)への収納方法及びスラスタ形状の最適化設計ついて報告する。※本技術開発は、文部科学省核セキュリティ補助金事業の一環として実施している。

From a viewpoint of effective and efficient safeguards, JAEA has started to develop a new technology using non-destructive assay to measure and monitor Pu solution with fission products stored at reprocessing facility since JFY 2015. In JFY 2016, we are planning to measure $$gamma$$ rays and neutron emitted from high radioactive liquid waste (HALW) tank at the inside of the concrete cell and consider whether it has a relationship with Pu amount. In this poster presentation, the detector selection to measure high dose rate at the inside of the concrete cell, optimization of detector system by shielding material and measurement place to prevent high dead time, and the thruster optimization to insert using penetration pipe through the 1.7 m thickness concrete wall are presented as an evaluation of radiation from HALW at Tokai Reprocessing Facility. This project has been carried out under the support of the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology (MEXT) of the Japanese government.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.