検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

高速炉の炉停止失敗事象における炉容器内終息(IVR)に関する検討,1; ATWSにおけるIVR評価の概要

Study on In-Vessel Retention (IVR) of unprotected accident for fast reactor, 1; Overview of IVR evaluation in Anticipated Transient without Scram (ATWS)

鈴木 徹; 曽我部 丞司; 飛田 吉春; 堺 公明*; 中井 良大

Suzuki, Toru; Sogabe, Joji; Tobita, Yoshiharu; Sakai, Takaaki*; Nakai, Ryodai

高速炉の炉停止失敗事象(ATWS: Anticipated Transient without Scram)に対して、原子炉容器内での事象終息(IVR: In-Vessel Retention)の成立性を検討した。検討においては、確率論的評価に基づいて冷却材流量喪失時炉停止失敗事象(ULOF: Unprotected Loss of Flow)をATWSの代表事象に選定した上で、総合的安全解析コードや個別物理モデルを活用して炉心損傷時の事象進展を解析し、事故の機械的影響と熱的影響を評価した。本検討の結果から、原子炉容器は機械的にも熱的にも損傷することはなく、IVRが成立する見通しを得ることができた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.