検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

A Consideration on direction of nuclear data as a database

データベースとしての核データの方向性に関する一考察

深堀 智生

Fukahori, Tokio

データベースに要求される要件としてあげられるのは、信頼性, 妥当性, 完全性である。核データについて言えば、信頼性は核物理的な実験データに立脚する精度評価と言える。妥当性については、炉物理的な積分データを用いたベンチマークテストによるものである。同様に完全性も必要で、それは、標的核、エネルギー範囲、原子核反応の種類等多岐にわたる。本発表では、データベースとしての核データに関する方向性について検討する。将来の核データの方向性について哲学的ではあるが発表者の意見を紹介するとともに、核データ開発の歴史、核データの展望、要望について言及する。

Requirements for databases are verification, validation and completeness. In the case of nuclear data, the verification stands on accuracy with uncertainty coming from differential experimental data. The validation does on benchmark tests with integral experimental data. The completeness is also necessary for targets, incident energy, reaction channels, etc. In this presentation, the direction of nuclear data as a database is considered. The future direction of nuclear data is introduced philosophically as well as history of nuclear data development, perspective of nuclear data, and requests.

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.