検索対象:     
報告書番号:
※ 半角英数字
 年 ~ 
 年

記載岩石学的手法に基づく後背地解析の研究事例

Case study of provenance analysis based on petrography

植木 忠正; 清水 麻由子; 丹羽 正和  ; 安江 健一

Ueki, Tadamasa; Shimizu, Mayuko; Niwa, Masakazu; Yasue, Kenichi

岩石記載は地質技術者の基本的な技術であり、山地の形成過程の把握のための後背地解析においても、堆積物の供給源である岩体の詳細な岩石記載は不可欠である。本研究では、東濃地域の後背地解析技術開発の一環として、様々な分析を開始する前に岩石記載に基づく後背地の指標の検討を行った。主要造岩鉱物、副成分鉱物の組み合わせから伊奈川花崗岩と苗木-上松花崗岩の比較を行い、普通角閃岩, 褐れん石, スフェーンが前者には比較的多く含まれ、後者にはほとんど含まれないことが確認された。この結果から、東濃地域の後背地解析においては堆積物中のこれらの鉱物が後背地の指標となる可能性があるという結果が得られた。

no abstracts in English

Access

:

- Accesses

InCites™

:

Altmetrics

:

[CLARIVATE ANALYTICS], [WEB OF SCIENCE], [HIGHLY CITED PAPER & CUP LOGO] and [HOT PAPER & FIRE LOGO] are trademarks of Clarivate Analytics, and/or its affiliated company or companies, and used herein by permission and/or license.